HOME > 事業紹介 > 販売事業 > 流通加工事業
  事業紹介
流通加工事業


本会は魚市場を有していませんが、昭和52年より県内で漁獲される多獲性魚種を中心に、鮮魚・塩干品・餌料/加工用イカナゴの取扱を開始しました。その後、試験的な取り組みとして地元の生協や農協への鮮魚宅配や店舗への鮮魚供給などを行い、徐々に販売体制を確立していきました。特に昭和60年頃からイカナゴのくぎ煮づくりが阪神、明石地域の主婦層に盛んになりつつあったことから、飼料用・加工用以外に家庭用くぎ煮材料の鮮魚流通を手掛け、現在でも直販事業の大きな柱となっています。

平成3年頃から「多獲性魚種の加工」を求める浜の声が高まり、平成4年にのり流通センター内の倉庫を改装して、マダコ、タチウオの切身加工が始まりました。平成6年には播磨町漁協の施設を借り受けて設備の充実を図り、「塩もみダコの真空パック」、翌年には「明石ダコの花しゃぶ」、「イカナゴのくぎ煮」、「明石ダコのから揚げ」を開発、平成10年には「明石ダコのやわらか煮」を発売、この年の加工品販売高は4億円を超えました。

この頃から播磨町の加工場が手狭になってきたことや、安心・安全な食品を求める消費者の声が高まっていたこと等から、新しい加工場建設に向けた検討が開始され、平成13年3月に姫路市妻鹿漁港に、マイナス196℃の窒素凍結設備を備えHACCPに準じる衛生対応型の「新水産加工センター」が完成、平成26年には加工品・鮮魚等の取扱高は20億円を超えました。

加工品の販路については、平成4年に地元の生協・農協から始まり、量販店・学校給食等を他、コンビニエンスストアや中食・外食へと拡大してきましたが、短い商品サイクルと厳しい価格競争の中でコンビニや中食・外食への供給は縮小、現在は地元の生協を中心に、関東・中国・四国・九州等の生協、学校給食や量販店への販売を行っています。


加工場の作業風景

動画の再生ができない場合は、スクリプトやActiveX コントロールの制限を許可してください


Copyright (C) 2001 JFHyogo-Gyoren. All rights reserved.