のり研究事業

[ JF兵庫漁連 ]

[ 概要 ] [ イメージマップ ] [ 掲示板 ] [ 事業案内 ]

[ 指導事業 ] [ 購買事業 ] [ のり海藻事業 ] [ のり研究事業 ] [ 流通加工事業 ]

[ のり研情報 ]

 

 

 のり研究所は、本県のり養殖の安定的な発展を図るため、その漁場環境や品質並びに優良品種及び養殖技術開発に関する試験研究と応用、 さらに生産指導を目的に設立されました。

  建設にあたっては、資金面、用地問題等について、関係先と協議を重ね、昭和61年3月、明石市南二見に建設されました。 当初は当会職員と、県立水産試験場のり養殖担当研究員が共同してこれらの業務にあたり、昭和63年12月には現場調査の充実を図るため、 高 速船「拓水」(4.9トン)を建造し配置しました。 また、平成4年4月、水産試験場の移転後は、当会職員のみで、その研究にあたっています。

  のり養殖をとりまく環境は年々厳しくなっており、このため、業務の多様化と共に解決すべき課題も多くなってきています。

高速調査船「拓水」

主な業務状況  

種苗関係 (1)優良品種及び実用品種のフリー糸状体の培養管理
  (2)バイテク等の新品種採苗試験
養殖関係 (1)糸状体培養場及び採苗地の巡回指導
  (2)育苗期及び生産期の現地調査と指導
  (3)新品種の養殖試験
  (4)加工場の調査指導
漁場環境関係 (1)栄養塩等の調査
  (2)温排水の影響調査
  (3)沿岸部開発事業に伴う各種調査
教育情報関係 (1)養殖期における各種情報提供
  (2)研修会及び実務講習会開催

[ 指導事業 ] [ 購買事業 ] [ のり海藻事業 ] [ のり研究事業 ] [ 流通加工事業 ]

[ のり研情報 ] [ トップへ戻る ]