流通加工事業

[ JF兵庫漁連 ]

[ 概要 ] [ イメージマップ ] [ 掲示板 ] [ 事業案内 ]

[ 指導事業 ] [ 購買事業 ] [ のり海藻事業 ] [ のり研究事業 ] [ 流通加工事業 ]

 県内で一時的に漁獲が集中し価格が暴落する多獲性魚を中心に、昭和52年から、活魚、鮮魚および塩干品の取り扱いを開始しました。

 当初は、これらの取り扱いが未知の分野で、販路や施設等何もないゼロからのスタートでしたが、関係漁協と協力し、徐々に販売体制を確立してきました。

 特に、イカナゴの販売については、手作りのくぎ煮が、阪神、明石地区の

主婦層に人気の高かったことから、その原料として新子の生売りを手がけ

るとともに、指導部や漁協婦人部と連携して「くぎ煮教室」を開催するなど、その販路拡大に努めました。

 こうした地道な活動の結果、少しずつ

効果が現れ、それほど需要のなかった地区でも生売りが行なえるように

なり、販売量は急伸しており浜の価格安定に大きく貢献しています。

 また、季節性の高い魚種の有効活用を図るため、加工事業に取り組

みましたが、当初は加工施設もなく、のり流通センターの一角でタコ、タチウオの加工から始めました。

平成6年には播磨町漁協の施設を借り受け、加工場として整備充実を図る一方「塩もみダコの真空パック」

を漁連ブランドとして開発し、これを基に販路の拡大に取り組むとともに、平成7年には隣接して第2加工場

を整備し、加工能力の向上を図りました。

そして、今まで取り組んできた加工事業を本格化するため平成13年3月に姫路市白浜町に「兵庫県漁連水

産加工センター」を建設しました。

当水産加工センターは、兵庫県内の旬の多獲性魚介類(マダコ、イカナゴ、タチウオ、アジ、シタ、シズ、イカ

等)を超低温(−196℃液化窒素)凍結することにより、1年を通して消費者に高品質の加工品を提供してい

くことが可能になりました。

 今後この水産加工センターが水産物流通加工のあるべき姿の創造基地となり、産地から消費者への魚食

普及を発信したり消費者からのニーズを受信したりする「魚食情報の受発信基地」を目指しています。

[ 指導事業 ] [ 購買事業 ] [ のり海藻事業 ] [ のり研究事業 ] [ 流通加工事業 ] [ トップへ戻る ]