資源管理

[ JF兵庫漁連 ] [ 漁業の紹介 ] [ 観光漁業の案内 ] [ 環境保全・資源管理 ]

[ おさかな情報・相談室 ] [ のり 養殖情報 ] [ 会員・職員のページ ] [ 関連リンク集 ]

[ 環境保全 ] [ 資源管理 ]

栽培漁業と資源管理型漁業
栽培漁業とは?

  魚介類は多くの卵を産みますが、自然の海には多くの外敵がおり、親になれるのは

わずかしかいません。

   そこで、人工的に卵をふ化させ(種苗生産)一定の大きさまで育ててやり(中間育成)

自然の海に放してやろう(放流)というのが栽培漁業の基本的な考え方です。

 

資源管理型漁業とは?(マツバガニの場合)

 天然の魚介類はもちろんのこと、放流した魚介類がより大きく増えるように、コンクリー

トブロックなどを海中に設置して人工的に魚の住み家である魚礁をつくる一方で、漁獲

サイズや操業時期の規制などの保護、管理を行い、大きくなったものを計画的に漁獲

ることを資源管理型漁業といいます。

 但馬の冬の味覚を代表するマツバガニの場合、その漁獲量は年々減少し、一時的に

は最盛期の1/10以下になりました。松葉ガニは大きくなるまでに長い年月が必要であ

り、資源を増やすには獲らない方がよ

いかもしれませんが、それでは生活が

成り立ちません。そこで漁業者の代

表が集まり、現在の漁業実態と資源

の将来を見つめながら話し合いの中

で自分たちにあった次のような保護、

管理を実践しています。

 その結果、近年は資源状態が回復

傾向にあります。

 

保護区の設定

 カニの住み家である漁礁の周りを何kmと決めて操業しないようにする

 

特定海域における禁漁期間の設定

 小さいカニやメスガニは、時期によって特定の水深帯(場所)に集中します。

そこで、、その水深帯(場所)を一定の期間、操業しないようにしています。

漁期の短縮

 法で決められた期間より漁業者自身が自主的

に操業期間を短縮しています。

 

素早く、丁寧な再放流

 網に入った小さなカニなどは素早く、丁寧に海

へ再放流しています。


[ JF兵庫漁連 ] [ 漁業の紹介 ] [ 観光漁業の案内 ]

[ 環境保全・資源管理 ] [ おさかな情報・相談室 ] [ のり 養殖情報 ] [ 会員・職員のページ ] [ 関連リンク集 ]

[ 環境保全 ] [ 資源管理 ]