お魚には栄養

がいっぱい

[ JF兵庫漁連 ] [ 漁業の紹介 ] [ 観光漁業の案内 ] [ 環境保全・資源管理 ]

[ おさかな情報・相談室 ] [ のり 養殖情報 ] [ 会員・職員のページ ] [ 関連リンク集 ]

[ 旬のおさかな ] [ お魚には栄養がいっぱい ] [ おいしい魚料理 ] [ 相談コーナー ]

優れた栄養価の魚

名前をクリックすればリンクします。

アジ/カレイ/イワシ/サバ/サワラ/スズキ/タチウオ/ヒラメ

 「兵庫のり」5つの特徴おいしさの秘密

知っていますか?のりは栄養の宝庫 なんですよ!

 


アジ

アジは、家庭でよく食べるお魚では、ナンバーワン。たんぱく質、脂肪、ビタミン、カルシウムなどすべての栄養素がバランスよく含まれているので、子供の成長期には、うってつけの魚です。

脂質は、多い方ではありませんが、EPAやDHAは豊富です。血液中の悪玉コレステロールを除去し、血栓を防ぐとともに脳を活発化させる働きがあるので、お年寄りのぼけ防止にも効果的です。

また骨・歯の形成に、欠かせないカルシウムの成分が高く、さらにイライラを抑制する作用のあるビタミンB1も含まれておりストレス防止にもお勧めです。

 

カレイ     トップへ戻る

特徴は、白身で良質なタンパク質、ビタミンB1、Dの含有量が豊富で、B1は神経炎を生じにくくさせ脚気を防止する働きがあります。

またビタミンDは、骨や歯のもととなるカルシウムの働きを助け軟骨化症や子供のクル病防止にも役立ちます。カレイの縁側には、細胞と細胞を結びつける働きをするコラーゲン(タンパク質の一種)が含まれており皮膚の健康を保ち、しみ、そばかすなどにも良いとされ、白身は脂肪分も少なく、ダイエット向きなので女性にはうれしい魚といえるでしょう。

イワシ    トップへ戻る

EPAやDHAの含有値が高く、特に血栓を防ぐEPAが多く含まれています。DHAは、人間の脳や網膜、乳、精子などにも分布しており、一生を通じて摂取の必要な栄養素で、アレルギー反応や炎症を抑える効果も期待できます。

豊富に含まれるカルシウムは、リンやビタミンとともに骨や歯の組織形成を助け、育ち盛りの子供や妊婦の健康づくりに役立ちます。また抗酸化作用を持つミネラル「セレン」の含有量も多く、老化防止や癌の予防にも期待出来ます。

 

サバ      トップへ戻る

脂質がきわめて豊富で、EPA,DHAの含有量は、青背魚の中でも群を抜いて多く血栓症や癌の予防、ぼけ防止などに高い効果を発揮します。ビタミンB2、ビタミンD,ナイアシンなども多く含まれており、健康な皮膚や爪、骨や歯の発育に有効です。

血合肉には鳥目やかすみ目などを防ぐビタミンAのほかビタミンDも豊富です。さらに、肌の健康に良いとされるビタミンB2の栄養価も高く、口内炎や口角炎、皮膚の炎症などを防止する効果も期待されています。

サバの内臓に含まれる消化酵素は、ヒスタミンという物質をつくり、人によってはアレルギー反応を起こす場合があるので給食や病人食で扱う場合には、注意が必要です。

サワラ     トップへ戻る

子供の発育促進に必要な成分ビタミンA、ビタミンB2、ナイアシンは、不足するとペラグラ(皮膚障害)や痴呆症を引き起こす原因になりますが、サワラ、マグロ、カツオなどに多く含まれているので普段から食べていれば心配ありません。EPAやDHAの含有量も比較的多いといえます。

カリウムの多いこともサワラの特徴です。カリウムは、血圧を下げる効果があり、本態性高血圧症の予防に効果的でありまた心臓機能、筋肉機能をコントロールする生理作用があり、健康維持には欠かせない栄養素です。

スズキ     トップへ戻る

スズキの肉には、目や呼吸器官の粘膜を丈夫にしたり、病気に対する抵抗力を増す効果のあるビタミンAの含有量が比較的多く含まれています。さらに皮にはカルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富なため、すすんで皮部も一緒に食べたいものです。

またビタミンDには、骨や歯のリン酸カルシウム沈着を促進させる働きがあり、骨のもろくなりやすい妊婦や老齢期を迎えた女性には欠かせない栄養素です。

タチウオ  

特徴のある栄養分は見られませんが、比較的脂質が多くEPA、DHAの量もまずまずで脂ののった夏には、その量も増加します。

比較的ビタミンA、ビタミンDも豊富でビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を保つ上で欠かせない栄養素です。不足すると粘膜からインフルエンザのウィルスが侵入し風邪などをひきやすくなるので、特に冬場予防のためにもたっぷり摂取したいものです。骨の形成に必要不可欠なビタミンDの含有量も多く、妊娠時や授乳時の女性に必要な所要量400IUをほぼ満たす量が含まれています。

ヒラメ      トップへ戻る

高級魚であるヒラメは、アミノ酸組成のバランスがよく良質なたんぱく質を含んでいます。

ビタミン類では、ナイアシンが多く含まれ、エネルギー代謝を促進する働きがあり、不足すると皮膚炎になる場合もあります。

また、背びれと尻びれの付け根「縁側」と呼ばれる部分は、脂肪分に富み、おいしいだけでなくコラーゲンが含まれています。さらに、身は淡白で低脂肪ですので、美容食としても女性に歓迎される魚といえるでしょう。

大日本水産会発行 「魚の栄養辞典」より

[ 旬のおさかな ] [ お魚には栄養がいっぱい ] [ おいしい魚料理 ] [ 相談コーナー ]  

トップへ戻る