お魚のことがわかります

(おさかな情報・相談室)

[ JF兵庫漁連 ] [ 漁業の紹介 ] [ 観光漁業の案内 ][ 環境保全・資源管理

[ おさかな情報・相談室 ] [ のり 養殖情報 ] [ 会員・職員のページ ][ 関連リンク集 ]  <<戻る

おさかな情報 

旬のおさかな

タイやメバル、いろんなお魚を紹介

お魚には栄養がいっぱい

アジ/カレイ/イワシ/サバ/サワラ/スズキ/タチウオ/ヒラメの情報です。

おいしい魚料理

よく食べられているお魚の料理です。

おさかな相談室

魚好きのあなたはもちろん、魚はちょっと苦手、

そして魚はだーいきらいというあなたに お魚に関する情報をお

届けいたします。

より多くの人に魚のよさを知ってもらい、魚好きの人が増えること

を願って……………

 

ピチピチした活きのよい魚を食べると、元気になって、

明日も頑張るゾーと力が沸いてきますよ!

お魚の鮮度の見分け方

一尾魚

目の色

澄んで光っているもの  
えらの色 鮮紅色  
腹と皮  かたくしまって、腹わたがとび出してないもの
魚体 ピンとして、弾力のあるもの  
うろこ 表面につやがあり、うろこの落ちてないもの  

切り身

切り口がきれいで、皮との境がはっきりしているもの

身がしっかりしまっているもの  
トレイをかたむけても汁が出てこないもの

成人病を予防する働きがある EPA DHA

EPA (エイコサペンタエン酸)

血管を拡張させ、血圧を低下させる

血液中の中性脂肪を下げ、脳梗塞や心筋梗塞などの血管障害を予防する   

血小板の凝集をおさえ、血栓を作りにくくする

DHA (ドコサヘキサエン酸)

EPA の働き以外に頭の回転ををよくし、記憶学習能力を保つ働きがあり、ボケの予

    防にもなる。

魚は、煮立った汁の中に入れると煮くずれしないよ!

煮魚は、煮立った煮汁の中に入れて煮ると、表面のタンパク質がすぐに固まるのでう

まみが逃げず、煮くずれしにくくなる。 火加減は中火。 (弱火で長く煮ると身がパサ

ついた感じになる)

アサリの砂だし

アサリがつかるくらいの塩水 (水1カップに塩小さじ1が目安) 塩を入れすぎるとアサ
リが呼吸困難になって死んでしまう。
水の温度が、15℃以下になると貝は口を閉ざしてしまうので常温がよい

カレイとヒラメの見分け方

体の左側に目があるのがヒラメ、右側にあるのがカレイ

もう一つの見分け方は、口の大きさです。ヒラメの口は大きなへの字、カレイの口

は、小さくかわいらしいおちょぼ口。

魚の上手な焼き方

魚は、強火の遠火で焼くのがコツ。

何度も返しすぎないこと。


相談コーナーへは、ここからリンクします。

   [ JF兵庫漁連 ] 漁業の紹介 ] [ 観光漁業の案内 ]

[ 環境保全・資源管理 ] [ おさかな情報・相談室 ] [ のり 養殖情報 ] [ 会員・職員のページ ] [ 関連リンク集 ]

   <<戻る