瀬戸内海

[ JF兵庫漁連 ] [ 漁業の紹介 ] [ 観光漁業の案内 ][ 環境保全・資源管理 ]

 [ おさかな情報・相談室 ] [ のり 養殖情報 ][ 会員・職員のページ ] [ 関連リンク集 ]

  [ 瀬戸内海 ] [ 日本海 ]  

 

魚のとりかた(漁法)と、とれる魚(魚種)

 小型底びき網漁業

『漁法』

小型漁船により、海底にいる魚をとります。

『漁獲物』

カレイ、エビ、タコ、アナゴなど

船びき網漁業

(いわし・いかなご船びき網)

『漁法』

中層で泳いでいる魚を網で曳いて取ります。

『漁獲物』

イカナゴ、シラスなど

 

まき網漁業(2そうまき)

『漁法』

2隻同じ大きさの船が網を持ち、魚の群れを巻いて取ります。網を広げる時以外は出港から入港まで、2隻ピッタリ引っ付いて走ります。

『漁獲物』

サワラ、サバ、アジ、イワシ

定置網漁業(小型定置網)

『漁法』

仕掛けた網の中に迷い込んだ魚をとります。

『漁獲物』

アジ、スズキ、アイナメ、べラなど

刺網漁業(建網)

『漁法』

魚がよく通るところに、見えにくい網をはって魚をからませてとります。

『漁獲物』

メバル、カサゴ、べラ、カレイ、クルマエビ、ガザミ

[ JF兵庫漁連 ] [ 漁業の紹介 ] [ 観光漁業の案内 ]

[ 環境保全・資源管理 ] [ おさかな情報・相談室 ] [ のり 養殖情報 ] [ 会員・職員のページ ] [ 関連リンク集 ]

[ 瀬戸内海 ] [ 日本海 ]