HOME > 兵庫の魚 > 日本海の魚 >日本海 春の魚
  兵庫の魚
日本海 春の魚


魚介名/旬の季節・月
3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
アカガレイ(マガレイ)
アワビ
アンコウ
イバラモエビ(オニエビ)
ウスメバル
ウミゾウメン
エテガレイ
カサゴ(ガシラ)
カメノテ
キジハタ
クロザコエビ(シロエビ)
クロマグロ(シビ)
ササガレイ
サザエ
サワラ
スズキ
スルメイカ
ズワイガニ
ズワイガニ(若松葉)
タヌキメバル
タラ
チカメキントキ
トゲザコエビ(クロエビ)
ニギス
ハタハタ
ハツメ
ブリ(ツバス)
ベニズワイガニ
ホタルイカ
ホッコクアカエビ(アカエビ)
ホンダワラ
マガレイ
マアジ
マサバ
マダイ
ミズガレイ(ムシガレイ)
ミズダコ
ムラサキインコ
メダイ
モズク
モロトゲアカエビ(シマエビ)
ユメカサゴ
ヤマガレイ
ワカメ
ホタルイカ
ホタルイカといえば富山湾が有名ですが、兵庫県も富山県に肩を並べる生産地で、特に浜坂港は全国トップクラスの漁獲量を誇ります。

浜坂では網から上げたばかりのホタルイカを、生のまま船上でパック詰めし、獲れたてを味わえる「浜ほたる」や、タレに漬け込んだ「沖漬け」などが有名です。

シンプルに釜揚げにしても美味しいですが、佃煮・天ぷら・唐揚げなどどんな料理にもよく合います。
ホタルイカは兵庫県のプライドフィッシュに登録されています
ハタハタ

兵庫県は全国でもトップクラスのハタハタの漁獲量を誇ります。水揚げされる但馬の港には多くの水産加工業者が存在し、ハタハタの一夜干しなどの加工産業が盛んに行われています。

ウロコがない魚で、身ばなれしやすいので調理しやすく食べやすいのが特徴です。煮ても焼いても美味しいですが、唐揚げや南蛮漬けなどの様々な食べ方があるのも魅力。小型のハタハタは頭を落として唐揚げにすると、骨まで丸ごと食べることができます。
ハタハタは兵庫県のプライドフィッシュに登録されています


※当ページを印刷される場合【印刷プレビュー】を開いて【ページ設定】内の【背景の色とイメージを印刷する】に
  チェックを入れてから印刷をして下さい


Copyright (C) 2001 JFHyogo-Gyoren. All rights reserved.