HOME > 兵庫の魚 > 瀬戸内海の魚
  兵庫の魚
瀬戸内海の魚


瀬戸内海は温暖な気候で降水量が少なく、内湾性に富んで浅瀬が多いのが特徴です。また、潮の干満差が大きく、潮流が非常に強いことも特徴に挙げられます。

この強い潮流によって、海底に砂でできた丘陵地帯が形成され、日本でも有数の漁場である鹿ノ瀬が生み出され、イカナゴや鯛の稚魚、さらにスズキやハマチ・サワラなどが集まってきます。

海底の砂地にはカニやエビなどの甲殻類が生息しており、それをエサにして育った鯛やタコはそれぞれ「明石鯛」「明石ダコ」としてブランド化されています。

冬になると瀬戸内海の多くの地区で海苔の養殖が行われます。潮流と寒風にもまれて育った海苔はアミノ酸をたっぷりと含んで黒々としており『兵庫のり』としてのブランドを確立しています。赤穂や相生ではアサリや牡蠣の養殖も盛んで、特に牡蠣は『播磨灘 一年牡蠣』としてブランド化されています。





Copyright (C) 2001 JFHyogo-Gyoren. All rights reserved.